カテゴリ:多摩川( 14 )

追河/オイカワ  多摩川のヤマベを食べる3

b0068687_2222779.jpg2度寝が過ぎて出掛け損なったので(小物釣り)おとなしく時間の掛かる甘露煮を作るぞ。


b0068687_2223395.jpg
ヤマベも冷蔵庫と天日でだいぶ干せた。干した魚の重量210g。
b0068687_2223147.jpgネットのワカサギの甘露煮を参考にしつつ、緑茶でしばらく煮る。茶色のは梅干し。頭が柔らなくなるまで1時間半くらい。お茶で煮るのは臭みがとれて川魚には有効のようだ。
b0068687_2222855.jpg落としぶたをしつつ。クッキングペーパーを敷いておくと焦げ付かない。
お茶を捨てて、ひたひたまで水を入れ、まず砂糖(魚の重量の20%)でしばらく煮、そのあともう一回砂糖20%、醤油20%、みりん20%、お酒20%。ふむふむ。
煮汁がなくなるまで煮詰める。冷凍しておいた山椒の実も一緒に。
b0068687_2223518.jpg何となく出来た。甘すぎるかと思ったらそんなことはなかった。この間は砂糖が少なかったな。
べたべたになるくらいでないと冷えたときしっかりしないのだ。
b0068687_2223779.jpg濃い味なのでヤマベっぽさはほとんどないけど、なかなか美味しい〜。山椒も香りが良い。煮てる間にばらけてしまったのは白ご飯と一緒にいただきます。お茶漬けにしても良さそうだ。

首やしっぽが取れたのが多かったので、次回はもっと丁寧に作ろうと反省。

b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-12-16 22:01 | 多摩川 | Comments(4)

ミンク鯨  と、多摩川のやまべ釣り

b0068687_23155029.jpg天気予報を見てぽかぽか陽気なようなので用事を先送りにして多摩川へ行くよ。もちろんやまべ(オイカワ)釣りだ。さすがにウィークデイは釣りをする人も少なめ、スペイの練習をしている人を横目で見つつ魚を探す。目当てのところは魚っけなし。
b0068687_2315590.jpgヤマベタックル一新、専用に揃えたすべて新品だーーっ。#1〜2ロッドに2番ライン、結局リールも買う羽目に・・・。ぺろんぺろんのロッドで全然思ったところに行かないし。ちょっと慣れが必要だ。
b0068687_23272969.jpg延々2キロ下流二子玉方面へ歩く。静かなたまりにびっしりヤマベが沈んでいるぞ。時折ライズしている。ミッジを落とすが釣れない、はまりにはまって2時間で3匹・・・。こんな魚でも半月のように曲がるロッド、あまりにも楽しい。
汗ばむほどになってきたので瀬でも釣れるかとあきらめて移動。
b0068687_23151863.jpgさっさと移動すれば良かった。ダウンクロスで一投一匹入れ食いだ〜〜。いくらでも釣れる。数がまとまりそうなのでキープすることに。袋を出し、30匹持って帰ろうと。
b0068687_23151260.jpg途中数が分からなくなって39匹いたが。白ハエ、冬のヤマベは真っ白できらきらで綺麗な魚だ。
b0068687_2315921.jpg今日は念入りにはらわたを出す。取り損なうと苦いのが残る。にがハエと呼ばれて通はこの苦いのが良いらしいのだが。
b0068687_23151678.jpg終了。一日干しておくよ。料理はそのあと。

ヤマベ釣りは面白いなあ。やっぱり釣りは小物釣りだな。ニュータックルにも入魂。

b0068687_23101597.jpg


b0068687_23145591.jpg近所の魚信でミンク鯨を買ってきた。見切り品で焼き肉用だよと言われ、500円なり。ミンクはノルウェー人の名前。鯨の砲手マインケさんから取ったらしい。
b0068687_2315110.jpg
ニンニクとショウガに漬けて竜田揚げだ。給食に竜田揚げが出た世代なので時々猛烈に食べたくなるのだ。大根おろしとポン酢でいただく。
ミンク鯨旨い。肉も軟らかく、この独特な風味たまらないなあ。
これからまた捕鯨のシーズン、また保護団体との衝突がニュースになるんだろうな。


b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-12-15 23:48 | 多摩川 | Comments(2)

追河/オイカワ    多摩川のやまべを食べる2

b0068687_21595398.jpg本日多摩川の河原で「やまべをフライで釣ってフライで食べる会」である。揚げ物要員なので鍋や油、粉などをバッグに詰めて出かける。週間天気予報でずっと雨だったのが近くなって晴れに変わり、すばらしいお天気になった。でも前日は嵐で川は水温は下がり水多め、笹濁り。9時を回って三々五々集まり始めロッドを振る。1時午前の部終了、釣り人8名、獲物4匹・・・・・・しかもそのうち3匹はウグイ。
とりあえず4匹を油で揚げてシャンパンで乾杯だ〜。
b0068687_22021.jpg
こんなこともあろうかと先週のやまべを甘露煮にしておいた。なぜかできあがりの写真なし。タッパーにきれいに並べて持って行ったが移動中にばらばらになった。そしてさらにこんなこともあろうかと先日の蓼科のニジマスを持参。フリッターにして何とかテーブルの上はましになった。
b0068687_21595524.jpgワインをあけ、バケットとチーズを食べ、お茶を沸かし・・・、ぼんやりと暖かくまったり。用事を済ませ午後からの人達も到着。私はノンアルコールカクテルなど飲む。やっぱいまいち、変な味だな。
b0068687_21595056.jpg
そうこうしているうちに川の水温も上がり、水もやや澄んできた。これまでと違うポイントで釣れ始まったというので何人か出掛け、ビニール袋をぶら下げて戻ってきた。ようやくやまべの唐揚げも形になった。
b0068687_21595747.jpgカレー塩で下味をつけてゆっくり目に揚げる。川魚っぽさはなくなり、揚げたてはとにかく美味い。重たい鉄鍋をわざわざ持ってきた甲斐があったというものだな。
b0068687_21595998.jpgお疲れ様でした。次回は何を揚げる?春のマルタかな。






b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-11-20 22:34 | 多摩川 | Comments(4)

オイカワ スキレットでやまべの柳川風

b0068687_1337179.jpg夕べの唐揚げの残りでお昼ご飯。スキレットを火にかけて割り下でゴボウを煮る。唐揚げとネギをたっぷりのせてと。

b0068687_13371834.jpg卵で閉じて柳川風。高級料理の味がするぞ。濃い味付けなのでオイカワだからという味はしないけど。
おいしい。また釣ってこよう〜。

b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-11-14 13:41 | 多摩川 | Comments(0)

追河/オイカワ    多摩川のやまべを食べる

b0068687_23371654.jpg2連ちゃんで多摩川へ行くよ。やまべ釣りだ。もっと小さな流れの、変化のある川だと結構イージーなやまべ釣りだが多摩川中下流ではなかなか渋いおもしろさ。今日は首都高の渋滞もなく、10時過ぎにつくとすでに釣りのお友達も。ドライでは厳しそうなので昨日覚えたミッジのダウンクロス。
b0068687_233652100.jpgここんと小気味よいアタリ。釣れる場所を見つけて川の中をうろうろと歩く。いいところからは次々釣れる。しばらくするとフライにすれるので白いの黒いのと交互に取り替える。午後になると5人6人とやまべ釣りのご近所さんたちが到着し盛況だ。結局また日が傾くまで粘る。美しいね〜。11月の川に膝までつかって夕日をみる楽しさ。

本日はキープしようとクーラーボックス持参だ。
b0068687_23101597.jpg



b0068687_23365554.jpg全体的に渋い中まずまず。私の50匹に誰かがクーラーに入れたオイカワとカワムツなど。きゃほ〜。小さい魚は萌えるな。
b0068687_23365118.jpgきらきらできれいな魚だ。
b0068687_23524425.jpg大きいのと小さいの。このくらいの差がある。

b0068687_23543325.jpg
ミカンネットに入れてもみ洗い。ヌルをとるよ。鱗もだいたい取れるが取りきれなかった。ハゼならこれで十分なんだけどね。
残った鱗をそぎながら一匹一匹、はらわたを出す。オイカワの腹は非常に苦いのだ。黙々ととり続ける。

b0068687_23365373.jpgパン粉をつけてフライにしてみた。低い温度からゆっくり揚げる。

骨が気になるかと思ったがそうでもなかった。大きめのやまべなのでちょっと頭が舌に触るが。はらわたを取ったはずなのに苦い。ナイフの先でちょちょっと掻き出すだけではイマイチだったようだ。おおざっぱはだめか〜。
身は白身で柔らかくとてもおいしい。まあ、揚げたてだしな。
b0068687_0183783.jpg唐揚げ。自家製カレー塩で下味をつけておいた。カレーの風味はわからない程度。
片栗粉をまぶして揚げるよ。こっちも低めの温度からゆっくり揚げる。

おいしい。普通においしいというところ。子鮎やワカサギのような風格はないが、特別癖もない、白身魚だ。骨も気にならず頭からいただく。
やっぱり苦い魚がある・・・。反省。フライよりもこっちかな。

万人に好まれなくとも釣った魚は何でもおいしい。揚げたての魚は何でもおいしい。そういうことだ。

追記、カワムツよりオイカワの方がかなり美味い

b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-11-13 23:56 | 多摩川 | Comments(2)

潤目鰯/ウルメイワシ  多摩川のやまべ釣り

b0068687_2315161.jpgやけに寒かった天気も一変、朝からすがすがしいので多摩川まで出かける。多摩川は楽しいな。例年ならこのシーズン管釣りかカワハギ釣りのところだが、土日は混むので出かけるのがおっくう、多摩川は広大だ。
曲がった腰を伸ばすぞ〜。一応前回を踏まえフライも巻き足しておいた。b0068687_23151438.jpg昼前につくと魚っけあり。でも昨日の雨で5cm増水、急に水温が下がったそう。なかなか渋い。ドライはあきらめて沈めて釣る。暖かくなりユスリカが猛烈にハッチ。
沈める釣りもぐぐんと手元にあたってダイレクトで楽しいな。一カ所から何匹かつづけて釣れるが結構すれるのも早く難しい。でもだいぶ釣り方がわかってきた気がするぞ〜
b0068687_2315189.jpg来週河原でオイカワを食べるイベントが企画されているのだ。食材がなしではラーメンを食べることになってしまう。「オイカワをフライ釣ってフライで食べる」お天気になることを祈ろう。

大水で流されてきたかな、ビニールの切れ端に何かのさなぎ。蝶かな。踏まれないようよけておこう。
b0068687_23152054.jpg日が傾くまで、たった10cmほどの小魚を、高価なタックルで釣ることに必死の中年諸氏。私を含め。


b0068687_23101597.jpg


b0068687_231579.jpg帰りがけイトーヨーカドーによりウルメイワシを買う。千葉県産298円也。干物はよく見るがなかなか鮮魚で売っていることがない。すっと長くきらきらできれいなイワシだ。
b0068687_2315929.jpg目がうるうる、目が潤んでいるように見えるのでウルメイワシ。
b0068687_23151189.jpg釣りの予行演習の後はフライの予行演習でもないが・・・。ただのフライ。やっぱり厚手の鍋は上手にあがるな〜と。出し入れが面倒なんだが。
イワシは文句なくすばらしくおいしい。


b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-11-12 23:37 | 多摩川 | Comments(0)

虹鰍/ニジカジカ?

b0068687_21483883.jpg水も落ち着いて平水まで戻ったというので昼から多摩川へ出掛けてみる。年券をぶら下げロッドを持って。
夏の大水で春にマルタを釣った辺りはだいぶ様子が違うようだ。ちいさな魚がキラキラするので狙ってみるが反応無し。イナッコだった。時間を無駄にしたぞ。狙いはヤマベ(オイカワ)だ。流れに乗せるとチョボッと出る。なかなか釣れない。毛バリが大きい方が反応が良いが釣れない、小さいと出ないのジレンマ。だらだらのフラットな流れで出るのは意外と遠い。
b0068687_21485768.jpgドラグが掛かると絶対でない。近づくとぱたりとやむ。シビアだ〜〜。多摩川でヤマベ釣りは初めて。もっと段々のある複雑な川の方が簡単だなあ。良いトレーニング。あれ、2時間で2匹・・・。車に戻りタックルを変え、リーダーも取り替え、あれこれ取り替えてようやく何とか釣れだした。
b0068687_21484580.jpg
3時を回ると岸際にライズリングがあちこちで広がる。大水で魚も虫も流されたかと心配だったが大丈夫なようだ。5時間がんばり25くらい釣って、まあよしと。。
b0068687_21485524.jpg大きなオスが釣れなかったのでまた行かないとなあ〜。次はここ用の道具もフライも用意してこよう。むふふ。やはり管理釣場のニジマスとは違う。やっぱり川は面白いね。今度天ぷらにしようかな。


b0068687_23101597.jpg

b0068687_21484080.jpg食べ損なっていたカジカだ。カジカの仲間は淡水にも海水にも居てややこしいな。これもカジカとしか書いてなかったがたぶんニジカジカ。
別名ヌルヌルカジカとかベロベロカジカいうそうで、確かにヌルヌルのべろべろだ。鮮度が落ちやすいとweb図鑑に書いてあるとおりあっという間に怪しくなってしまったので刺身は断念しよう。4匹300円。安い魚だ。

b0068687_21484288.jpg腹びれがヒゲのようだ。これでチロチロ海底を触るのかな。
b0068687_2148477.jpgどの魚も胃がぱんぱんだった。イカに、シロギスのような魚多数、コシシオリエビのようなちいさなエビもいっぱい入っていたよ。
b0068687_21483433.jpgソテーしてキノコと白ワインのソースでいただく。プリッとしていて美味しいがまあ特徴はないかな。普通の白身魚でした。

b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-10-18 22:20 | 多摩川 | Comments(2)

黄肌鮪 黄鰭鮪/キハダマグロとマルタウグイ最終戦

b0068687_21202815.jpgすがすがしい良い天気。おなかを空かせて帰ってきてマグロをがっつり頂く。キハダマグロの血合いだ。ずっしりと重くて350円!たまらん!みんなもっとアラを買えばいいのになあ。もったいない。
三陸直送と書いてある。一緒にあった養殖本マグロならやっぱ生キハダだろう。
キハダは缶詰など加工品の重要な原料。東京で売り場に並んでいるのをあまり見ない。本マグロでなければメバチだし。赤身の色も薄くて脂が少なめなのが原因で人気はイマイチ。関西ではよく食べるようだ。
b0068687_21204623.jpg黄色いヒレに体側に黄色い帯。イエローフィンツナ。マグロ釣りでは一番お馴染みの魚だな。釣ってみたい。

半分はマグロジャーキーにするためにタレに漬けておく。醤油に味醂、砂糖、お酒。
b0068687_21204349.jpg血合いと言えばニンニクステーキの一つ覚えだったので、今日は味噌だれ。味噌に味醂、すりごま、それと生姜一かけ。ニンニクや生姜があった方が臭みが抑えられる。
b0068687_21204186.jpgフライパンで焼いたよ。直ぐ火が通るので、強火で両面をジャーッと焦げを作りながら焼いたら火を止めて後は余熱で。火を通しすぎるとパサッとする。
たっぷりの大根おろしと一緒に頂きます。ほんのり甘いタレがとよく合い美味しい。血合いは柔らかく旨味たっぷり。味わいも深いだ〜。
b0068687_21565990.jpg



b0068687_21203042.jpg昼間はまたしても多摩川。マルタが来ているという情報で出掛ける。土日は釣り場も混んでいるので呑気にできるこういう場所の方が良い。マルタ犬も来ていた。かわゆい。
b0068687_21203950.jpgマルタは朝方こそ姿を見せた物の釣れないまま蒸発。対岸まで渡ってようやく着き場を捜してフライを送り込む。群れの後ろ半分はコイだ。コイ釣りそう…と思ったらやっぱり釣った。格闘5分すんごいコイだ。多摩川での初コイ。ときめくなあ。
b0068687_21203299.jpg何とかマルタも釣れた。もう今年はこれが最後なのかな。今年の春は楽しかった。来年また大量に登ってくるよう祈る。
b0068687_21203749.jpgマルタと入れ替わりに川底はこの子達で一杯。アユだ。ギラギラとヒラを打っている。もう少し大きくなったところでアユ釣りの人で賑わうんだろうな。
b0068687_21203554.jpg帰りに車を洗って貰う。実は初体験・・・・。今まで雨の日にブラシでこする以外、フクピカで拭くだけ。時たま実家の父親が洗ってくれていたのだが…プロにやって貰うとホイールまでぴかぴかだ。すごい。買い換え予算もないので大事にしてあげよう。
b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-05-14 21:54 | 多摩川 | Comments(2)

丸太石斑魚/マルタウグイを自家調達1

b0068687_21412136.jpg寝不足のままやっぱり出かけることにした多摩川。またかよ・・・と。あまりにも面白いんだもの。雨後だしいい天気できっと魚も元気だろうな。
b0068687_21412354.jpgいつもの場所には魚は着いていなかったが下流へ歩くと知り合いもきている。あまりポイントは大きくないので一匹釣れたら場所を交代。うっすら赤く見えるのはウグイの群れ。少し奥の流芯に近いところにマルタの群れ。手前のをスレで釣ってしまい結構難しい。
b0068687_21414378.jpg足下の石を拾うとウグイの卵がたくさん着いている。魚君たちは恋愛真っ最中で左右からフライやルアーを投げ込まれても全く動じずそこを動かない。
b0068687_21413517.jpg魚は目の前、食べる魚でもないしお菓子など食べつつのんきにだらだらしながら日光浴。食べる魚ではない?みんな食べたことはない。一人食べたことのある方が「まずい」とのこと。まあ川魚だし想像はつく。でもやっぱり、私は食べないとだめだろ。皆さんのリクエストにお答えして・・・ということでこの子が犠牲になってくれたマルタ君オス。釣ったそばからばっちり血抜き。
b0068687_2214366.jpgマルタ?ウグイ?ハイブリッド?曖昧な感じだが詳しい人が見たところマルタに落ち着きました。

河原で拾ったひもで魚を持ち帰る姿がウケたらしく写真を撮ってくれたよw 「夕陽のガンウーマン」だそうです。髪の毛ぼうぼうだし・・・。
b0068687_21393670.jpgこれが今日の食材。
マルタウグイを食べる!
↓下に続く。
b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-04-24 22:00 | 多摩川 | Comments(0)

丸太石斑魚/マルタウグイを自家調達2

b0068687_2251721.jpgでは↑の続き。川ではざらっとした感触のマルタも持って帰ってみるとひどいぬるぬる。スチールたわしでごしごしして、鱗を引く。
ばらしました。大きな白子と肝。肝は遡上のエネルギー源かな。遡上魚を食べるのは正解ではない白子や卵に栄養をとられて身はやせているものだ。本当なら海にいるときに食べたいね。
釣りはおなじみでも、マルタがどんな身の色か、みるのが初めてな人も多いかも。むちっとしてほんのり脂もあり。よさそう。
b0068687_225154.jpgとりあえずアラで出汁を取る。骨の太い魚だからいい出汁が出そう。一回熱湯に放してゆでこぼしてからもう一度水から煮るよ。いつもの風景もマルタだとちょっとグロい感じがするのは何故・・・。
b0068687_225246.jpg身はくさいと脅されていたので料理の前に塩。しばらくおいて塩は洗い流すよ。
b0068687_2251378.jpg白子はホイル焼きにしてみよう。肝は捨てた。
b0068687_225733.jpg刺身はやめた方がいいんじゃない?と言われたけど、やっぱり食べてみよう。羽田のシジミやメバルは刺身で食べるんだから平気。(このブロクをみてる方はその辺自己責任で願います)ピンク色でなかなかきれいだよ。鯉の身みたいだな。コイ科の魚だし。
b0068687_2251029.jpg小骨を取りきれないので骨を切るようになな目にそぎ切り。

コイやスズキ同様、洗いにしてみる。氷水にくぐらせて締めます。美味しそうじゃない?
b0068687_2252639.jpg本命は唐揚げでしょうな。揚げ物にすればたいていの魚は普通に食べられるし。ハーブソルトで味をつけて片栗粉をまぶす。
b0068687_2253525.jpg鍋を傾けつつ、少ない油で唐揚げだ。
b0068687_225377.jpg・・・・とそんなわけで揚がりました〜。前回摘んできた多摩川のクレソンと一緒に多摩川三昧。
美味しい。多少川魚ぽさはあるけど、何も言わなければ釣り人でなくても食べるだろうな。細い小骨が結構あるのでその辺あまり気にしない魚好きの人向きではあるが。小骨は柔らかいけどね。
揚げたて&下味に醤油やニンニク,カレー粉を入れたり、ビネガーソースをつけて食べたりすれば食材としてもよいとおもう。今回はあえてハーブソルトだけだったし。5点満点中4点
翌日も食べたが冷えると川魚臭があり3/5点(それでも中国の海上レストランで出る川魚の揚げ物より10倍マシ)
b0068687_2253999.jpg洗い。氷を敷いてあるので冷たい。あのマルタだと思うととても美味しい。(微妙な表現かな)コイやスズキの洗いと同じような風味。脂も割とあってもっちりしていて食感もよい。3.7/5点
b0068687_2253371.jpg白子。ちょっと醤油を垂らしてある。まあ普通の魚の白子と同じ。ふぐの白子には遠く及ばないけど、なかなかいいな。3.5/5点
b0068687_2254163.jpg塩焼き。真っ白だ。う〜ん。これは川魚ぽさ満開な感じだなあ。食糧難なら食べられる。2/5点
b0068687_2252163.jpgそしてアラ汁。ほかの魚のアラ汁と変わらないな。美味しい。川魚っぽさはあまりない。これは塩のみだが味噌汁にしてしまえば全くわからないだろう。3.5/5点
b0068687_2251953.jpgふう〜、マルタ堪能。焼酎お湯割りでいただきました。
養殖のニジマスを美味しいと思って食べられる人ならマルタもOK。しかもニジマスよりきれいだし。美味しくいただくためには釣ったマルタを血抜きしたりする行程は必要かと思われる。
ま、でも海の魚の方が美味しいよね。

多摩川の河原にいた方々、こんな感じですがよろしいでしょうか。マルタウグイを食べる会でもあればマイ包丁を持って伺います。


マルタウグイを自家調達2012
b0068687_23103446.jpg

[PR]
by munzu | 2011-04-24 21:00 | 多摩川 | Comments(9)


魚を食べたり、たまには釣ったりする漫画家です。ととけん1級。肉も好き。HPはタイトル画像をclick!


by munzu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

昨日、この前は魚を赤坂の..
by 愛花 at 12:43
ありがとうございました〜..
by munzu at 18:24
連載再開おめでとうござい..
by 隊長 at 12:38
さっそく買いに行きます。..
by 隊長 at 10:49
体が大切ですから、早く身..
by 隊長 at 09:09
いやはや申し訳ないです。..
by munzu at 20:16
マジですか? 体ご自愛..
by 隊長 at 13:03

最新の記事

お江戸まかない帖 第2弾 ど..
at 2016-10-19 19:09
小サバを自家調達
at 2016-10-12 21:34
配信開始
at 2016-09-09 00:22
テナガエビを自家調達。
at 2016-06-22 21:14
お知らせ
at 2016-06-08 19:06
休載のお知らせ
at 2016-02-11 20:26
つりコミック
at 2016-01-18 23:30
またしてもUNIQLO
at 2015-08-27 20:26
NEXT電子配信中です
at 2015-07-18 17:55
UNIQLOTシャツ作りました
at 2015-07-11 12:11
お江戸まかない料理帖
at 2015-03-17 01:45
JFFアニュアルミーティング
at 2015-02-17 06:14
WORLD RECORD
at 2014-07-25 02:31
スマホ壁紙
at 2014-04-25 12:06
相模川ふれあい科学館、アクア..
at 2014-03-27 01:28
俺のスーパートラウトNEXT
at 2014-03-21 23:45
キビナゴ 黍魚子 を食べる
at 2014-02-05 21:18
ゴマサバ 胡麻鯖 を食べる
at 2014-01-29 23:01
ホッケ ??  を食べる
at 2014-01-27 23:23
タイワンガザミ台湾蝤蛑を食べ..
at 2013-12-19 02:43

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

カテゴリ

全体
多摩川
未分類

ライフログ


吉田俊彦 必ず1ピキを釣るための超攻撃的システム! チェコニンフを極める [DVD]


震災に負けるな!東日本project -東日本大震災復興支援チャリティー同人誌-

検索

フォロー中のブログ

Metropolitan...
FarioBar鱒酒屋
~BQイッチー フィール...

外部リンク

酒川のFacebook









































































































































































































































































  


































































































































































































                                                                                                                                                                                                         













                                                                                                                                                                                                                                                               
  






































































  










































































































              
  






































































  











































































































































































































































                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                                       













                                                                                                                                                                                                                                                               
  






































































  












































































































































  











































































  































































ブログパーツ

アカデミー賞

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
釣り

画像一覧